GONY

ギャング・オブ・ニューヨーク

GONY

ギャング・オブ・ニューヨーク

2002年に公開された「ギャング・オブ・ニューヨーク」は19世紀初頭のニューヨークが舞台で、ギャングの構想と人間模様を描いた作品です。監督のマーティン・スコティッシュは「構想に30年要した」と語る力作です。撮影はローマ郊外の大規模スタジオで当時ニューヨークを再現し、撮影に270日、製作費用に270億円が投じられています。主演はレオナルド・デカプリオで、アカデミー賞では10部門にノミネートされましたが、何も受賞を逃しています。

当時のニューヨークは貧困から逃れアメリカンドリームを抱い担当たアイルランド移民が多数いましたが、彼らが住める貧しい地域にはネイティブアメリカンズと名乗る先住民の縄張りでした。彼らに対抗するためにアイルランド移民はデッド・ラビッツという組織を立ち上げます。彼らの人種的そして宗教的な対立は激しい抗争に発展し、デット・ラビットのリーダーが殺されます抗争に敗れます。デカプリオが演じるリーダーの息子は少年院に収監され、16年の年月が経ち彼の仇討ちが始まり、そこから人間模様を描いた素晴らしいストーリーが展開します。ギャング・オブ・ニューヨークラストは是非作品をご覧ください。



動画再生

gony.jp

ギャングムービ

1997年の大ヒット作、「タイタニック」で有名な当時23歳のレオナルドデカプリオ
GONYのサウンド・トラック The Hands That Built Americaを担当したことでも知られるU2
舞台は1940年のニューヨーク。マフィアを仕切っていたドン・ヴィトー・コルレオーネ。