U2

ザ・ハンズ・ザット・ビルト・アメリカ

U2

ザ・ハンズ・ザット・ビルト・アメリカ

GONY(ギャング・オブ・ニューヨーク)の主題歌,The Hands That Built Americaを担当したことでも知られるU2は、言わずと知れた世界的ビッグバンドです。1980年の結成以来メンバー交代もなく活躍を続けています。グラミー賞獲得回数は22作品はグループバンド史上最多で、2005年には「ロックの殿堂入り」も果たしています。コンサートの規模や動員数でも歴代1位を誇り、スーパーボウルでの演奏も経験しています。

U2の作品は世界を取り巻く社会問題をテーマとしていることも有名です。宗教紛争や核爆弾、アパルトヘイトなどの人権問題なども作品に取り入れ、チャリテーイベントにも積極的に参加し、リードボーカルのボノはチャリティー財団を立ち上げたりもしている。U2がサウンドトラックを担当した映画GONYは、先住民とアイルランド移民のギャングの人種的そして宗教的抗争を描いていますが、アイルランド出身のU2が担当することに深い意味を感じずにはいられません。

動画再生

gony.jp

ギャングムービー

当時23歳1997年の大ヒット作、「タイタニック」で有名な当のレオナルドデカプリオ
2002年に公開された「ギャング・オブ・ニューヨーク」は19世紀初頭のニューヨークが舞台
歴代人気ランキング1位の座を譲らない伝説の名作が1972年の大ヒットムービー